電話エッチの相手が中々見つからないときにはどうすればいい?

電話エッチの相手を探しはじめたはいいものの、中々見つからない、相手をしてくれる女性がいない。そういったときにはどうすればよいのでしょうか。

まず知っておいていただきたいのは、電話エッチの相手というのはそもそも簡単に見つかるものではないということです。結構難しいことなんですね。テレクラに電話をかけるのとは違って、自分で相手を見つけようとすると、これは中々すんなりとうまくいくものではないのです。

恋人やセックスフレンドを探すよりは遥かに簡単であることは間違いないですし、それと比べれば「容易い」といっても言いすぎではないと思います。ただそのセフレ探しというのが20人、30人に声をかけてひとりくらい話を聞いてくれる人がいるか否かといったレベルのもので、それよりは簡単だというだけの話なのです。

みなさんもまずは、見つからなくて当然だという思いを持っておくことです。そうすればいくぶん、今よりは気持ちも楽になって、余裕をもって相手を探すことができるでしょう。その心のゆとりは必ず、女性との接し方に滲み出てくるものです。焦ってもいいことはありませんから、ゆっくりとやっていくというのを心がけてください。

それはわかっているし、焦ってもいない、それでも相手が見つからないという場合、これはあなたのやっている方法を疑う必要があります。それはどんなサイトを使って相手を探しているのか、といったことも含まれますね。たとえば出会い系サイトで探した場合。その出会い系サイトがそもそも「出会えるのか」つまり「優良サイトなのか」を検討してみる価値はありそうです。

出会い系サイトには優良と悪質があって、後者に登録すると、出会いはもちろん電話エッチの相手すら見つけることはできません。女性が登録できないようになっているサイトもあるくらいなんですよ。そのサイトに同時登録がなかったか、メールを読むのにも送るのにも100円から200円程度かからないかどうか、アドレス交換が有料でないか、すなわちこれら悪質出会い系サイトの特徴に当てはまる部分がないかどうかを見てみることです。

長いこと使っていてもひとりの女性とも連絡先の交換ができない、電話エッチができないという場合には、そのサイトは悪質サイトである可能性が高いですね。また、そのサイトが優良であっても、地域によって登録している女性の数が少なかったりする場合があります。ですから、他のサイトにも登録して、使えるものはすべて使って相手を探していくことが肝心ですね。出会い系サイトと並行して、ネット掲示板やSNSなども活用していきましょう。

また、自分のアプローチの仕方を見つめなおすことも大切ですね。男性にはときたま、年齢にそぐわないことを言う方が見受けられます。もちろんそういう人は女性にもいるんですけれどね。たとえば中年にあたるような年齢の男性が、年下の女性を前に甘えるような発言をしたりすると、それはもう失礼な話それだけで気持ち悪いわけです。

自分の年齢や声質、相手の性格を考慮したうで、不用意な発言をしないよう細心の注意を払ってください。年上の女性に向かって生意気な口を利くとか、気の弱そうな女性に対して高圧的な態度を取るとか、そういうのは冗談のつもりでも当然やってはいけません。

また、アプリではなく携帯電話の通話で話しているのなら、料金のことが気にかかると思いますが、そのことは口にしないこと。これを心がけてください。そして通話をするときには、褒めてあげる。ライバルが多いと思われるときには、Skypeでいうならコンタクト申請を送るときに、その女性のどこに興味を持ったのか具体的に、しかし下心は見せずに示すこと。

他にも色々とありますが、電話エッチの相手を探すとき、それが見つからないときに心がけるべきこと、見つめなおすべきことは、以上のとおりです。たまたまうまくいっていないだけで、もうすこし長く続けてみればあっさり見つかるということもあります。あなたも、諦めずに続けてくださいね。